思いは敷地を超えて連なっていく

 

02final



先日は、静岡の四つの設計事務所からなる活動、-ODeN-の打合せでした.
プロジェクト02は、四つの敷地にそれぞれの事務所が、
四つの家を計画したにもかかわらず、
小さな小屋が折り重なる小さな集落のような風景となりました.
どこにでもあるような短冊上の敷地であっても、
どのような目的意識をもち、設計を進めるのか.
それにより普段目にしているそれと異なる様相の建ち方として全体像が現れてくる.

四つの事務所が集まって計画することにより、
計画全体にひとつの大きな方向性が組み上がり、
敷地を超えてその思いが連なっていくのが興味深かったです.

ODeNの活動は、今後もProject03以降へと続いていきます.
今後もレポートしていきます.

単位の見直し

 

ODeN02_02



本日は、ODeN02のミーティング。
前回のミーティングで話し合われたことを元に、個々が再検討してきた。

ODeNは4設計事務所での共同建築計画です。
各事務所がそれぞれ分担された敷地にそれぞれの案を計画してきた上で街区としての統一を話し合いながら決めていく。そこが一番面白いところで、決定事項いかんでは案はがらっとかたちを変えていく。大系としてのデザインコードも話し合いの上で決めていくので、生成されるものが生き物のように毎回少しずつ変化していく。

このような過程を経て、今回は小さな建物がずれながら点在していく集落のような風景が現れそう。次回ミーティングで最終案をもちよるので、どんな結末を迎えるのか。



-ODeN- 02



ODeN02


静岡へ -ODeN- のミーティングに行ってきました。
今回のプロジェクトは、

・シニア層の住まい
・大小のボリュームの2棟分棟
・前面道路側に小ボリュームを配置

の設計条件としてメンバー各自の提案がなされました。

全体の印象は小さなボリュームが敷地いっぱいにちりばめられ、
日常見かける住宅の風景に比べて、小さなスケールの個室群が形成されています。

次回のミーティングではここからどんな様相へと転換していくのか。
月一の楽しみのひとつとなっている。





| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

HOUSECO

建築家 大橋 史人さんの家づくりプロフィール

FOAS FURNITURE

FOAS FURNITURE

entry

category

archive

recent comment

link

search

others