伊藤若冲と宮島達男




長期間の改修工事を経て、静岡県立美術館がリニューアルオープンする。
その第1弾企画として開催されるのが 

『伊藤若冲 アナザーワールド』



今回の展示は、若冲が晩年に至るまで生涯描き続けた水墨画を主に展示するらしい。
どちらかというと、若冲の作品は色彩豊かな着色画を想像するが、水墨画の数々についてまとまって観られる絶好の機会だ。

よくあることだが、ある作品によりある作家が有名になる。
そこで世の中に伝達されるのは、その作家の素晴らしさではなくその作品である。
本来なら、作家は他にどのような作品を作っていて、どのような思考・過程を経て、現在に至ったのか、という部分に焦点があたる機会が増えても良いのではないか。そういう意味では今回の展覧会は、伊藤若冲の存在が以前より遥かに一般化してきたことを考えると、非常に価値のある展覧会となる予感がする。


また先日足を運んだ銀座のBLDギャラリーで開催されている現代美術家の宮島達男の展覧会

『その人の思想』


では、宮島が学生の頃から続けてきたパフォーマンス活動や、現在の最も著名な作風である発行ダイオードを使った作品の起源、影響を受けた書籍など、彼がどう考えどう生きてきたかを知る絶好の展覧会だ。今でこそミニマルなデジタルカウンターの作品は至る所で目にすることができ、ミニマルな作風の芸術家である宮島としてしか知らないと、驚きの連続となるわけだ。
また、この話題とは別だが、宮島のプロジェクト。

PEACE SHADOW PROJECT



こちらも目が離せない。


話は戻り、『伊藤若冲 アナザーワールド』

この展覧会も若冲ファンは思いもよらぬ若冲の魅力を知らされることになるのか。
会期中に展示替えがあり、また千葉県立美術館市立美術館へと巡回もされるようで、なかなか足を運ぶことが無い両県ではあるが、これを機に是非足を運んでいただけたら良いなあ。

ちなみに、僕らがイベントの会場としてお世話になっている

スノドカフェ


ここでも若冲展に合わせ、素晴らしい企画が催されるので、
是非チェックしてほしい。

個人的にはまず、時間を見つけて何とか若冲展を観に行けるようにしたいです・・・






Comment
Post Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

HOUSECO

建築家 大橋 史人さんの家づくりプロフィール

FOAS FURNITURE

FOAS FURNITURE

entry

category

archive

recent comment

link

search

others