ある時間の心地よさ

 

リビング吹抜



久しぶりに座間の住宅、HouseKを訪問した.
外部の植栽はどれもすくすくと成長し、目隠し塀はすっかりと日に焼けて、
周辺の雰囲気と馴染んでいた.

内部はというと、とても丁寧に暮らされており、特別汚れたような様子はなく、
外部同様、日にあたる部分の焼けはあるものの、落ち着いた雰囲気となってきた.

午前中にお邪魔したので、リビングの上部吹抜けのハイサイドライトから入る光が、
室内に長く差し込むのを見ることができた.
丁度朝食をとるくらいの時間にダイニングに向けて心地よい光が注ぐようになっている.
生活の中に表れるちょっとした心地よさは今後も大事にしていきたい.



Comment
Post Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

HOUSECO

建築家 大橋 史人さんの家づくりプロフィール

FOAS FURNITURE

FOAS FURNITURE

entry

category

archive

recent comment

link

search

others