家具の解体

 

projectsb_01



新たなプロジェクト。
簡単な機構で使い方が可変するもの。
使う時によって、使う人によって、変化を楽しめるもの。
壁であり、棚であり、展示スペースとなるようなもの。
そして、組み立てるのが簡単なもの。
そんな家具を目指している。

住宅の家具で応用していきたいアイデアなので、しっかりあたためていこう。







そして夜はスノドカフェへお越しを

 

akabane02


30日夜は、スノドカフェにて、アートと学びの企画『赤羽』が開催されます。
僕は建築的な視点から赤羽について切り込んでいくつもりです。
赤羽台団地について多角的な視点で意見を交わし、なぜ作家海野麻子さんがこの場に惹かれていったのかを探っていきたいです。


以下スノドカフェ内記事より転載



【トークイベント】 
【日時】2010.10.30 19:30 - 21:30 
【場所】オルタナティブスペース スノドカフェ 
【イベント名】なぜ彼女は風景画を描くに至ったのか。 

アートと学びの企画Vol.6「赤羽。あるモチーフの生まれ方」 
若きペインター海野麻子さんの描く風景画を巡り、そこにかかわる 
風景を紐解きながら作家とモチーフとの関係を考察してみます。 
トークショウゲストとして一級建築士の大橋氏を迎えて建築的視点 
も導入し、そこに広がる風景を多角的に捉えてみたいと思います。 
ゲスト:大橋史人(一級建築士・FOAS主宰)http://fo-as.com 


入場料:500円(1ドリンク付) 
ex.s. gallery にて海野麻子個展「赤羽」も開催。10/30 - 11/21 





「赤羽」スノドイベント情報



akabane01


 赤羽

なぜ彼女は風景画を描くに至ったのか。
【アートと学びの企画「赤羽。あるいは、モチーフの生まれ方」】


スノドカフェHP内にて情報が更新されています。
ゲストとして参加する上で、非常に楽しみなイベント。
昨日現地を視察してきました。
建築的な視点を付加することで、より密度の濃いトークイベントになっていくでしょう。

是非ご参加ください。

「赤羽」最新情報:スノドカフェHP






<< | 2/3PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

HOUSECO

建築家 大橋 史人さんの家づくりプロフィール

FOAS FURNITURE

FOAS FURNITURE

entry

category

archive

recent comment

link

search

others